金利が低いカードローンって?

もしお金が足りなくてカードローンを使うなら、繰り上げてなるべく早く完済したほうがいい。
そんなふうに会社の飲み会で言われたのは、僕が社会人一年目のことでした。
話によると、親戚の人が以前、家族に内緒でカードローンでキャッシングしており、どうしようもなくなってしまったことを見たからで、「しばらくトラウマ的」な状況だったそうです。
なるほど。


便利すぎて、「これは借金なんだ」という意識が働かないこともあるのかもしれません。
だって、一度お財布に現金を入れたら、自分のお金と借金のお金と区別つかないですから。
ある意味、怖いなと感じました。
ちなみに僕はボーナスがないので、余分を貯めておいて繰上返済するタイプです。
世にさまざまある金融を取り扱う業者によってそれぞれ借り入れ可能な限度額に違いがあり、数万円という小規模な融資やその日限りの融資以外にも、たとえば300万円や500万円などある程度の額の融資も手軽に利用することが可能な時代となりました。
店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、思った以上にスピーディーに資金を手に入れられるのでその便利さにたくさんの人が重宝しています。
利用するにはそれぞれの金融機関が発行するカードを用いるという方法を大抵の人が選択するでしょう。
消費者金融の審査の仕組みは、使ったことがないため知りませんが、仮に審査に落ちたらその後の暮らしというのはどのようになるのでしょうか?消費者金融にお金を借りようとする人は、生活にものすごく困っているからこそ借りたいのでしょうから、きっと大変ですよね。
普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、借りやすさから、金利が高めのローンに手を出しがちです。
用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。
福祉目的であるため相当低い金利(2%前後)で貸付けを行っています。
審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。
社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。
宣伝はしていませんから、利用するには窓口へ問合せしなければなりませんが、よく知った上で自分にとって最適な判断をするようにしましょう。