交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある看護師ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って交代する看護師に伝える必要があります。

伝言程度で終わるケースもよくありますが、患者の生死に関わる重要な情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

看護師として働く人は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。

加えて、働く時間が規則的でないこととか、キツい仕事だということも原因となり、結果的に離婚してしまう方も多いようです。

もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。

あまりイメージに無いかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、理想的な職場だと思います。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。

若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが女性の職業でした。

しかし今日では看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の看護師も珍しくなくなりました。

看護師に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も看護師にとって大事なポイントになっています。

以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。

その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。

よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。

こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってくる人もよく見られます。

実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。

高い階級から言うと、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総看護師長がトップにあたります。

階級を上げる方法ですが、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、信頼を得られるように努めることが大切なようです。

もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。

どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、主に女性が担う一般の職に比べ、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。

特殊な、医療現場という場所での労働ですし、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。

身体的にきつい夜勤が人より多い場合や残業を厭わずに長時間こなす人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。

看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。

入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。

そのため、どこの病院でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。

夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。

看護士がすることのできる医療に関連した行為は、これまでは範囲を限って、行われてきました。

けれども、医師が足りないという理由や必要な時に即対処するためにも気管に点滴をうつといった医療行為ができるようになります。

許されるようになった行為は、一定期間の研修を経て、欠点などのないようにしてから自身の判断で出来るのが特徴です。

看護師がうまく転職するには、これからのことを考えて早めに動き出すことが大事です。

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておくべきでしょう。

今後どうなりたいかを明らかにして、そのイメージに合った転職先のデータを少しずつ取り寄せてください。

収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって譲れない条件も心づもりをしておきましょう。

一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。

例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。

しかし、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。

最近では、学生やパートの看護師も多くなっていますので、正看護師もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。

当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。

看護師は医療ミスになるような行為を行っていない思われている方がいると思われます。

よく医師の手術のミスが報道されていますからね。

ですが、注射とか点滴などのミスもあり、最悪の事例だと、訴訟される場合も看護師にも十分に想定される事態なのです。

自分にピッタリの看護師転職サイトを選ぶには、第一に自分の希望を明確に把握しておくことがポイントになります。

何も考えないで、「別の仕事がしたい」と思い描いているだけでは、自分に適した転職先など見つけられるはずがありません。

なぜ看護師になろうと思ったのかは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。

転職の際の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。

前の勤務先に関するネガティブなことは言わないようにしましょう。

学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、大体希望を叶えてくれるところもある一方、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。

病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、導き出された結果としての配属であるはずです。

ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。

関連ページ