消費者金融審査の2ch年収を徹底検証

消費者金融の特徴

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだとサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上を確保し、利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融はノンバンク?

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性の利用者も増えています。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。