消費者金融審査が年収件をまとめてみた

消費者金融でキャッシングする

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合サイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融でスピードキャッシング

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。